マーケティングの4P

4Pとは、製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、プロモーション(Promotion)の頭文字を取ったマーケティング用語。

製品開発や販売戦略を立案する際に、ターゲット顧客や、市場に受け入れられる組み合わせや条件を検討する際に用いられる戦略思考。これらをバランスよくデザインしより顧客満足度の高い製品やサービスを展開することが重要である。マーケティングの4Pは、あくまでも売り手側のチェックポイントなので、消費者型思考の4Cと組み合わせてバランスをとる必要がある。

Price/価格

顧客や市場に対して、価格の優位性をどう考えるかがポイントとなる。ターゲット顧客がいくらで買いたいか、いくらまでなら払えるか、いくらであれば買いたいか、など適正値を割り出した上で丁寧に考える事が大切。また、為替変動や不良・ロス率なども場合によっては織り込んでおく必要がある。

Place/販売する場所と流通

コンテンツをどのチャネルで展開するのかを検討する。実店舗、展示会、ショールーム、インターネットなど、大枠の流れが決まれば、さらにエリアやモール出店など細部を詰めてゆく必要がある。

Product/製品・商品・サービス

製品やサービスそのものは、ユーザー体験に直結するコアコンテンツ。製品の場合、形状・品質・パッケージ、商品の場合、仕入れ型・受発注型、納期、サービスの場合、サービスクオリティ、スピードなど。

Promotion/広告宣伝・販売促進

コンテンツの存在をターゲット顧客に伝える手段を検討する。コンテンツに応じて、購買までのストーリーの中でプロモーションは第一印象を決める最も重要な要素のうちのひとつ。また、宣伝広告に掛かる費用の一定量をあらかじめ製品開発などに織り込んでおくことも必要。

Media & EC

サビアズブランの手掛ける事業のご紹介

About Sabia's Blanc

  • office & Location

    サビアズブランとは、クリエイティブと音楽、料理を愛するフリーランスデザイナーの個人事務所です。お気軽にご相談ください。

Social Connection

edit