マーケティングの4C

マーケティングの4Cとは、顧客の視点を重視したマーケティング戦略

開発した製品をいかにして売るかを考える『マーケティングの4P(プロダクトアウト)』と対極に位置し、消費者であるエンドユーザーにもたらす利益に着目し製品やサービスを開発する戦略的思考(マーケットイン)。

製品開発に用いられる4つのC

  • 顧客にとっての価値(Customer Value)
  • 顧客の負担するコスト(Cost to the Customer)
  • 手に入りやすい環境(Convenience)
  • コミュニケーション(Communication)

Customer Value/顧客にとっての価値

製品やサービスが顧客の生活や生産活動にもたらす価値を視点に製品やサービスを創造すること。提供される製品やサービスによって、生活が楽しくなるのか、より便利になるのか、他者にとって優越感を得ることができるのか、BtoBであれば、どの工程で時間やコストを削減できるのかなど、エンドユーザーにもたらす利益・恩恵を重要だと考えることこと

Cost to the Customer/顧客の負担するコスト

製品やサービスを手に入れるための経済的負担(価格)を戦略的に考える。ここでのポイントは、価値に見合った価格を戦略的に設定することにある。安ければ市場に対し競争力があるが、利益が薄ければ追加的な施策を打ちにくくなるので慎重に検討する必要がある。

Convenience/手に入りやすい環境

製品やサービスの特性やエンドユーザーの志向や行動パターンを加味した上で販路を考える。消費財であれば、より顧客の近い場所におくことが重要であるが、高級品や嗜好品に関しては入手困難な状況を作り出すことも検討の余地がある。

Communication/コミュニケーション

製品やサービス、それ自体を企業と消費者とのコミュニケーションツールとして捉え製品を開発することで生涯顧客としてのロイヤリティを高めることが可能となる。顧客サポートやフィードバックを得る体制など、販売後のコミュニケーションを計画に織り込んでおくこと。またそれに掛かる費用と価格に織り込んでおくことも重要

Media & EC

サビアズブランの手掛ける事業のご紹介

About Sabia's Blanc

  • office & Location

    サビアズブランとは、クリエイティブと音楽、料理を愛するフリーランスデザイナーの個人事務所です。お気軽にご相談ください。

Social Connection

edit